コーヒー

ドンキホーテのコーヒー豆(三本珈琲のモカブレンド)の感想・評価【レビュー】

どうも、コーヒーを1年で350日以上飲んでいるよむお(@yomubl)です!

よむお
よむお
なので、コーヒー豆代が家計を圧迫しています。。

できることなら安くて美味しい、コスパの良いコーヒー豆を買いたいですよね。

そんな時におすすめしたいのがドンキホーテで売っている三本コーヒーのモカブレンドという商品です。

調べてみたところ、アマゾンや楽天市場で通販もしていないし店舗のドンキホーテでしか売っていないようですね。

コーヒー豆が500g入っていて価格は600円前後と格安提供です。

この記事では三本コーヒーのモカブレンド(コーヒー豆)について書いていきます。

この記事を読んで分かること
  1. 三本コーヒー株式会社って知名度ないけど品質は問題ないの?
  2. 三本コーヒーのモカブレンドって安いけどまずくないの?

三本珈琲株式会社について

三本珈琲株式会社について知らない人が殆どなのではないでしょうか。

正直、僕もこのレビュー記事を書くまで知りませんでした。。

ただ、30代以上だと缶コーヒーのMMC coffeeの会社だよと言えば「知っているよ」と言う人もいるかと思います。

最近はコンビニのドリップコーヒーの人気なのか、MMCの缶コーヒーもめっきり見なくなってしまいましたね。

昭和32年創業で昔からコーヒー専門店として「日本の珈琲文化」を担ってきた会社になります。

ちなみに、新千歳空港をはじめとして「MMC オーガニックカフェ」等のカフェを全国に約15店舗出店しています。

知名度はないかもしれませんが、老舗のコーヒー専門会社と言っても良いのではないでしょうか。

三本珈琲のMochaBlend(モカブレンド)

ドンキホーテのコーヒー豆:三本コーヒーのモカブレンド

では、続いて商品の三本コーヒーのモカブレンドについてのレビューを書いていきます。

冒頭でも書きましたが、通販(アマゾン、楽天市場、YAHOO)では売っていなく、かと言ってドン・キホーテのPB(プライベートブランド)でもないですよね。

ドンキホーテ専用商品として三本コーヒーがわざわざ格安のコーヒー豆の商品を作ったんですかね。

三本コーヒーのMOCHABLEND(裏)

三本コーヒーの特徴

「三本コーヒーのモカブレンド」のモカとはイエメン共和国の港町を指します。

その港町から大量のコーヒー豆が出荷されていたことから、ブランドのモカコーヒーが生まれました。

モカのコーヒー豆の特徴としては「果実のような香りと力強いコク」が挙げられます。

焙煎方法としては中煎りが適していると言われています。

実際、飲んでみた感想ですがほどよく酸味が効いているのですが万人受けする飲みやすいコーヒーだと思います。

<三本珈琲のモカブレンドの特徴>
生産国名エチオピア、ブラジル、その他
内容量500g
酸味4/5点
苦味3/5点
香り5/5点
コク3/5点

三本コーヒーのモカブレンドの良いところ

三本珈琲のモカブレンドの良いところは圧倒的な安さにあります。

コーヒー豆が500gで600円前後はかなり安いです。

例えば、カルディのマイルドコーヒーやネットで抜群のコスパと言われているスターバックスのハウスブレンド(豆)と比べてもその差は歴然としています。

<三本珈琲のモカブレンドの特徴>
三本珈琲のMOCHA BLENDカルディのマイルドコーヒースタバのハウスブレンド
内容量500g400g907g
価格約600円約1000円約2370円

勿論、コーヒー豆の産地等により価格は違うのでしょうがコスパは飛びぬけていますね。

三本コーヒーのモカブレンドの気になったところ

味に関しては飲みやすいと思っているので、問題はありません。

ただ、ネットで販売しておらず最寄りのドンキホーテまで足を運ばなければいけない点がマイナスポイントですね。

このモカブレンドはネットで売っていないのですが、似たような商品は売っていました。

まとめ買い商品なのがネックですが、充分安いですね。

ドンキホーテのコーヒー豆:三本コーヒーのモカブレンドのまとめ

三本コーヒーのモカブレンドのレビューまとめ

三本コーヒーのモカブレンド(コーヒー豆)のレビュー記事を書かせていただきました。

長々と書いてきましたが、三本コーヒーのモカブレンドの良さは「コスパ抜群」なところだと思っています。

安くて美味く気軽にコーヒーを飲みたい際は「三本コーヒーのモカブレンド」はおすすめできますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。