ライフハック

【基本情報技術者試験】ITスクールの講座を徹底比較【Web講座もあり】

20年後、いろいろな仕事がAI(人工知能)化されて今ある仕事がなくなる世の中になるかもしれないと言われています。

例えば、運送業などもその一つの候補として挙がっています。

自動運転の技術が発達すると人間は運転をしなくてもよいからですね。

今後の世の中を考えた時、AIを作る側、メンテする側に回れば仕事もなくならないと思います。

なので、エンジニアの需要は年々高まっていくと思われます。

そして、エンジニアにとって最も基本的なコンピュータの知識を学べるのが「基本情報技術者試験」になります。

ただ、社会人になってから学ぶ場合、時間の効率を考えるとが実績のある学校に通って講義、WEB講義で学んだほうが効率が高いかなと思います。

僕も社会人になってから大原専門学校の講義に通って基本情報処理に受かりました。

そこで、今回の記事では「基本情報技術者試験」の学校(スクール)の講義の授業料等の比較についてまとめてみました。

基本情報技術者試験について

試験は4月の第3日曜日、10月の第3日曜日の年2回行われます。

午前問題は80問(四肢択一)、午後問題は13問から5問を選択する形式で行われ合格基準点はそれぞれ60点が目安となっています。

合格率は20%~25%くらいと言われています。

出題範囲は広くコンピュータの基礎理論からシステム戦略まで広く浅く学ぶ必要があるのが特徴です。

基礎理論基礎理論・アルゴリズムとプログラミング
コンピュータシステムハードウェアとコンピュータ構成要素・ソフトウェア
技術要素データベース、ネットワーク、セキュリティ
マネジメントプロジェクトマネジメント
ストレテジシステム戦略、経営戦略、企業と法務

出題が幅広いので例えSEやプログラマーが何の対策もせずに受けたら確実に落ちるでしょう。

基本情報技術者試験だと独学で勉強する人も多いのですが、時間効率を考えると講義というのも一つの選択肢なのかなと思います。

ITスクール講義料金の比較

では、基本情報技術者試験の講座があるITスクールをまとめてみました。

資格の学校TAC(タック)

一つ目は資格の学校のTACです。公認会計士、税理士等の様々な種類の資格の学校を運営しており東証に上場しています。

本科生(午前と午後)、午前マスターコース、午後演習コース、午後マスターコース等、受講者のレベルに合わせさまざまなコース設定が可能になります。

ここでは、その中から本科生(午前と午後)、午前マスターコースについて取り上げます。

TAC(タック)の授業料

本科生の授業料は以下の表のとおりになります。

教室講座90,000円(税込)
ビデオブース(個別DVD)講座90,000円(税込)
Web通信講座90,000円(税込)
DVD通信講座110,000円(税込)

午前マスターコースの授業料は以下の表のとおりになります。

教室講座46,000円(税込)
ビデオブース(個別DVD)講座46,000円(税込)
Web通信講座46,000円(税込)
DVD通信講座56,000円(税込)

ちなみにDVD講座だと落ちた時に次回の勉強で同じDVDを見て勉強できるというメリットがありますね。

教室講座、ビデオブース(個別DVD)講座、Web通信講座で落ちた場合は再度受講しないといけないです。

割引制度

期間限定で早割キャンペーンというのをやっている場合があります。通常受講料より約10,000円割引になります。

一般教育訓練給付制度も適用可能ですので、自分が該当するかどうかは確認したほうがよいですね。

◆ホームページ 資格の学校 TAC

大原学園グループ

二つ目が大原専門学校で有名な大原学園グループです。

上場こそしていませんが、北は北海道、南は沖縄まで学校が存在する資格の専門学校です。

ちなみに、僕は大原専門学校に総合本コース対策コースに通って合格しました。

午前試験免除対策つき総合本コース(午前、午後)、総合本コース(午前、午後)、午前試験免除対策コース等いろいろなコースが存在します。

特色としては午前免除コースがある点でしょうか。

午前免除コースというのは、午前試験は免除され午後試験のみ合格すれば基本情報技術者試験に合格することができるコースです。

ここでは、その中から午前試験免除対策つき総合本コース(午前、午後)、午前試験免除対策コースについて取り上げます。

大原学園グループの授業料

午前試験免除対策つき総合本コースの授業料は以下の表のとおりになります。

教室講座94,000円(税込)
Web通信94,000円(税込)
映像通学94,000円(税込)

午前試験免除対策コースの授業料は以下の表のとおりになります。

Web通信講座46,000円(税込)

割引制度

講座説明会に参加すると入学金6000円免除券がもらえます

コースによっては一般教育訓練給付制度も適用可能ですので、自分が該当するかどうかは確認したほうがよいですね。

◆ホームページ 大原学園グループ

ネバギバ

三つ目が株式会社 リンクアンドモチベーションの子会社のリンクアカデミーが運営しているネバギバです。

リンクアンドモチベーションは東証1部上場企業になります。

ネバギバはWeb講座のみになります。有名だと思うのですがアビバ・大栄の講座がオンラインで受講可能を謳っています。

Web講座だと質問ができないデメリットがあるかと思いますが、サポート体制がしっかりと整えられている点が特徴です。

ネバギバの授業料

IT 基本情報技術者 ForYou合格コースー(全84回 6か月~)の授業料は以下の表のとおりになります。

午前対策のみのコースはなく午前午後対策講座をしっかりとやるので初心者におすすめのコースです。

WEB講座205,416[税込]

同グループの資格スクール 大栄は学校が全国に存在するのですが、授業料についてはHPに載っておらず資料請求をしないと教えてもらえないようです。

◆ホームページ ネバギバ

基本情報技術者試験の講座比較 -まとめ-

基本情報技術者試験の講座比較まとめ

【基本情報技術者試験】ITスクールコースの料金を徹底比較(2019)について書かせていただきました。

いろいろと書いてきましたが、独学だと怠けてしまう人にとっては講義に通う若しくはWEB講義等での勉強方法はおすすめできます。

また、独学だと目からの暗記に頼ってしまいますが、講義だと目以外にも耳から情報が入ってくるのでより記憶が定着しやすいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。